Regina

MENU

第18回 2021 Regina Photo Competition 結果発表

去る10月26日、2021 Regina Photo Competitionの最終選考が、株式会社レジーナ本社にて行われました。
今年も多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
今年度のテーマ「彩ーIRODORIー」は【あなたが表現したい彩ーIRODORIーはどのような色でしょうか。あなたの感性と想いを作品に込め、表現して下さい】というものでした。
例年通り、ヘアの337S部門、メイクのFH-100EP部門の2部門での開催を致しました。更に新たな審査員を迎え、皆さんの想いが詰まった作品を審査して頂きました。この2年間新型コロナウイルスの影響により、皆様も大変な思いをされたと思います。そんな大変な状況の中、レジーナのフォトコンテストに参加して頂き、審査員の方々、私たちに美容業界の未来は彩ーIRODORIーに満ち溢れている、というメッセージを作品を通じ感じ取りました。
これから皆さんは美容業界に飛び込んで活躍されるかと思います。今大会で魅せた彩ーIRODORI-で多くのお客様を幸せにしていって下さい。私たちも参加者様の想いを胸に、皆様の技術向上に繋がる商品を作り続けるモデルウィッグメーカーであり続けたいと考えております。
本大会が、一層の技術力向上にお役立ていただければ幸いです。

コンペティション概要

募集テーマ 「彩ーIRODORI-」
世界には様々な色が溢れています。
目で、心で感じる色が世界に「彩」を与えてくれます。あなたが表現したい色はどんな色でしょうか。作品に思いを込め、見た事のない彩を見せて下さい。
審査員 Laf from GARDEN/津田恵、HEAVENS/小林加奈、SORA/北原義紀
ZA/ZA/斉藤弘之、MINX/土屋サトル (順不同・敬称略)
各賞
モデルウィッグ部門
最優秀賞・・・・・・・4点
優秀賞・・・・・・・・4点
審査員特別賞・・・・・5点
入選・・・・・・・・・12点
準入選・・・・・・・・48点
敢闘賞・・・・・・・・71点
メイクアップ部門
最優秀賞・・・・・・・1点
優秀賞・・・・・・・・1点
入選・・・・・・・・・6点
準入選・・・・・・・・12点
敢闘賞・・・・・・・・15点
応募作品数 1,547点
参加学校数 55校

使用モデル

  • モデルウィッグ部門
    【337S】
  • メイクアップ部門
    【FH-100E VER2】

受賞作品

最優秀賞

モデルウィッグ部門

  • ルネサンス
    日本美容専門学校/菊池 あすか
    世界観といい、ヘアクオリティといい、本当に素晴らしい作品です。ダヴィンチやラファエロの絵画を想起させる雰囲気を、繊細な編み込みテクニックで表現されていますね。物憂げな表情にも見えるメイクも上手です。欲を言えば、背景にも拘ると良かったです。例えば「モナ・リザ」は背景もしっかり描かれているからこそ、あの存在感があるのだと思います。
  • Swan's wish
    大村美容ファッション専門学校/山田 夢華
    表現力の高さに驚かされました。このまとまらせているヘアの構造はどのようになっているのか、興味がそそられます。広げた毛のカラーのバランス/色合いも絶妙で絵画のようにずっと眺めていられる作品です。まさにアート。
  • 熱帯魚
    国際文化理容美容専門学校 国分寺校/磯谷 帆香
    凄いハイレベルな作品です。長短のハッキリしたウルフレイヤーベースのヘアカットが本当に上手ですし、しなやかでありながら主張のある毛束の動かし方はプロレベルです。何より多色使いでもうるさくならず、配色でまとめられたヘアカラーが圧倒的です。作者の想いや理想とする美容師像が作品から伝わる、本当に良作です。
  • 溢れ出す彩
    中日美容専門学校/藤村 勇太
    まるで額縁?と思わせるような、思わず2度見してしまう位のインパクトたっぷりの作品だと思います。あえて表情をシンプルにしたのも無機質な絵のような表現で面白いと思います。黒背景で見せた箇所を浮かび上がらせている事はとても良いアイディアだと思います。人間ではできないウィッグならではのアイディアと表現力に脱帽です。

優秀賞

モデルウィッグ部門

  • Celosia
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/屋良 佳菜
    髪の毛の質感と植物の質感がとても上手くミックスされている素敵な作品だと思います。髪の質感や色味を植物とリンクさせるのは難しかったと思いますが、調和させながらも人間らしさをしっかりと感じさせるテクニックはとてもレベルが高いなと思いました。アピールポイントにもあるようにとても力強さを感じる作品にしあがていると思います。
  • 花束
    河原ビューティモード専門学校/和田 歩珠希
    インパクトのある作品でした。ヘアカラーの色使いとラッピング紙の色味がマッチしておりとてもまとまりのある作品だと感じました。カラーのチョイスも人とは違う感じが良いです。あえてメイクを隠してあることでヘアが引き立って素晴らしいと思いましたが、もう少しヘアの主張をさせるか、綿の主張を減らしても良かったと思います。
  • 全ての出会い
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/玉代勢 星
    作品アピールの安直ではない表現が物凄く達観していて、その点が凄く驚きました。解釈の仕方が格好良いです。大きくフワフワしている、インパクトがあり、画角の使い方に奥行きを感じる作品でした。全体は控えめなのにポイントに入っている色味もしつこくなりすぎてなく、非常に良いバランスだと思います。
  • モネの庭
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/新城 さき
    19世紀の絵画のような少し彩度を抑えた色彩表現がとても上手です。頭の中に浮かんでいるイメージを的確に表現しうる技術を高いレベルで修得していますね。モチーフの通り、どこか冬を感じさせるトーンと枯れ枝のような質感作りなど本当に良い作品です。シルエットは襟足に締りが無く見えるので、ワッフルの配置を見直すと良いと思いました。

審査員特別賞

モデルウィッグ部門

  • Dried flower
    名古屋モード学園/安井 修三
    ファッションも感じ取れる作品で凄く好きだと感じました。背景に黒を選んでいるのも、オレンジと装飾の緑の色が映えて(チェックを持ってくるのも程よくカジュアルダウンされていてとても素敵です)良く考えられているなと感じます。作者の洋服のスタイリングもとても上手そうです。ヘアはトップから下に行くにつれて細かく動いているのかな?凄く繊細な質感の変化にテクニックと発送の豊かさを感じます。モデルさんに落とし込んでも可愛いと思います。
  • Forest fairy
    グラムール美容専門学校/横山 実世
    「彩」というテーマに相応しく、カラーリングがとても綺麗な作品です。カラフルなのにお互いを邪魔しておらず、発色のコントロールと配色のセンスが良いので、全体の印象に統一感があります。そして個人的に上手いと思ったのは、フォルムコントロールと毛先のあしらい方です。嫌味のないアシンメトリーにカットされたウルフスタイルで、外に向かう毛先と内に向かうカールとが無駄なく配置されていて、申し分の無い仕上がりです。
  • Blissful
    中日美容専門学校/ノヨリ 星
    彩(IRODORI)をテーマにインパクトのある面白い作品だと感じました。スタイリングバランスが良く毛糸などのアクセントの配色が良く、メリハリが本当に面白ので目を引きます。面の部分と緑の部分が絶妙な関係で格好いいです。これからも是非作品を作り続け皆さんを感動させて下さい。
  • 憧れ
    中部美容専門学校 名古屋校/淺野 里音
    髪の毛の質感、ヘアのバランス、そしてウィッグの表情など、とても人間味があり全てにおいてバランスがとれている素晴らしい作品だと思います。特に髪の毛の質感やシルエットは一見シンプルにまとまりがちですが、襟足で長短の外しを作っているのがとても良いと思います。何か一つの要素が突出しているというよりも全ての要素を合わせるバランス力や、絵としての構成力のあるセンスの良い作品です。これからもご活躍に期待しています。
  • The Garden of Live Flowers
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ
    /仲村渠 利子
    パッと目を引くデザインに惹かれました。全体のバランスもメイクもとても繊細でウィッグなのに生きている人のような透明感のあるメイクが素晴らしいと感じました。インスピレーションに合ったデザインに、やり過ぎないアクセントの前髪や襟元、メイクと髪型が凄く引き立つ作品でした。ヘア、メイクの色の選択もどこか儚げなメイクも不思議な国のアリスとゆうイメージに合い素敵でした。写真がもう少し寄って撮影するとインパクトが増して良いと思います。

入選作品

モデルウィッグ部門

  • 娘 娘(中国の貴族の女性)
    中日美容専門学校/中原 優美
    写真の雰囲気と作品の狙いがマッチして上手だと思いました。またヘアデザインもあるようで無いような新しさがあり、メイクもマッチしていて素晴らしいです。装飾や首元のアクセントもしっくりきてバランスの良い作品だなと思いました。もう少し寄ってもインパクトが増して良いと思います。メイクもペイントが丁寧だなと感じました。
  • Printemps
    学校法人コーセー学園 コーセー美容専門学校/栗崎 菜弥
    作品タイトルの通り、とても春らしいスタイルに仕上がっています。思い切って切り込んだフロントや向かって右側のシャープな毛先の作り方が上手だと思いました。耳たぶ迄意識したメイクもとても良いですね。あとは、せっかく春をテーマにしているので、何処かに鮮やかなカラーを差し色で使用しても良かったかもしれません。
  • インディアン
    大村美容ファッション専門学校/永田 翔華
    沢山の作品を見させて頂いた中で、こんなにも完成度が高い作品は感服しましたし、他の作品には見られませんでした。作者の中で沸いたイメージがここまで表現される課程を作品アピールで読めるのも解釈を深める事が出来て、より一層作品の良さが伝わります。いろんな好きな部分がありますが、私は中心にある黒と白の部分が程よく締りとカラー技術の高さを感じられ、素敵だなと感じるポイントでした。素敵なスタイリストになって下さいね。
  • 月輪照椋
    東京モード学園/川端 妃音
    彩(IRODORI)をテーマにしたとてもインパクトを感じる作品でした。編み込みと毛先の切り口がとても面白いです。「月輪照椋」面白い表現です。カラーリングの渋さも柔らかく優しい表現になっています。前髪のラインを上げてもう少しアイメイクを引き出しても良かったかも知れません。これからも作品を作り続け、世界へ羽ばたいて下さい。
  • Bouquet
    国際文化理容美容専門学校 国分寺校/竹内 里緒
    コンセプトにばっちりで全体的にバランスの良い作品だと思います。ヘアカラーの色使いとブーケの色使いのバランスがとても良くヘアアレンジ・メイク共に上手です。強いて言うならマット寄りの写真にして下のスタンドが隠れるようにする、写真の明度を少し暗くするとさらに雰囲気が出て作品イメージに合うと思います。
  • 「la passion」
    国際文化理容美容専門学校 国分寺校/丸山 璃子
    素晴らしい表現力ですね。作品アピールにもある通り、繊細なヘアカラーと空気を含んだような質感、そしてフワッと上昇していくようなスタイリングが凄いです。このままでも完成度は高いのですが、強いて言えば向かって右側の顔にかかっている髪は蛇足だったかも知れません。フロントと再度のワッフル部分も、どちらかをシャープな表現にすると、上部の動きとの対比が出せると思います。
  • 雷嵐
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/平城 秀馬
    写真の質感、毛先の表情、ウィッグへのメイクなどトータルバランスの取れた作品だと思います。細部まで考えられて作りこまれているのがわかるとても良い作品です。色と質感のミックスをし過ぎるとバランスがとるのが難しくなってしまうのですが、上手にまとめてきていると感じます。首元の装飾にもう少しテーマとリンクする素材を使用すると更に良くなると思います。
  • Angel
    名古屋モード学園/古川 杏菜
    ヘアスタイルの可愛いところと刈上げを部分的に入れる事によってのハードな一面が、甘めなカラートーンによって引き立っているなと感じました。目元のメイクの表情もとても格好よくて素敵です。改善点はせっかく綺麗なカラーなので、ボブラインの左右の毛の動きや毛先の透け感を揃え手上げると更に良くなると思いました。
  • tropical
    グラムール美容専門学校/橋本 美柚
    彩(IRODORI)をテーマにインパクトのある作品に仕上がっていますね。あえてカットデザインをレイヤースタイルで表現したのも面白いです。「tropical」なタイトルをカラーで表現しメイクもあえてシンプルにした事で、可愛らしさを表現できています。これからも作品作りを頑張って下さい。
  • 花火
    グラムール美容専門学校/前田 瑞希
    花火のヘアのクオリティが凄く上手で目を引く作品でした。全体のヘアカラーの色味と花火のヘアカラーのバランスも絶妙でした。メイクとのバランスも良いと思います。もう少し顔のペイントが繊細だとより良いと思います。あと、首元の髪の綿はもう少し主張を抑えると花火の表現が引き立ちます。デザインの足し引き算が出来ると更に良い作品になるでしょう。
  • 彩りサラダ
    大阪モード学園/竹原 しずく
    ウィッグの下にリアルなサラダを置き世界観をかなりしっかりと作り上げているのが素晴らしいと思います。エアブラシ手仕上げたメイクも独特な質感を出していて、無機質な人間離れした表情と相まってとても良いと思います。とても全体的に面白い作品ですが、髪色をもう少しライトなトーンでまとめても良いと思います。面白く目を引く作品でした。
  • champ de fleurs
    大阪モード学園/端野 珠貴
    柔らかな色合いや、バランスが面白くて選びました。髪の毛の動かし方も写真全体を通して素敵な構図で収まっています。改善点を上げるなら、動かしている毛のフワフワな質感は活かしつつ、毛先の動きを更に拘るとより良くなったと思います。

準入選

  • 専修学校 香川県美容学校/山下 紗依
  • 専修学校 香川県美容学校/中村 莉菜
  • 中日美容専門学校/加知 大空
  • 中日美容専門学校/浮田 青花
  • 中日美容専門学校/平野 文音
  • SENDAI中央理容美容専門学校/木幡 力
  • SENDAI中央理容美容専門学校/加藤 詩菜
  • 広島美容専門学校/佐伯 望羽
  • 広島美容専門学校/小西 彩加
  • 広島美容専門学校/太良坊 航
  • 専門学校穴吹ビューティカレッジ/土井 珠奈
  • NRB日本理容美容専門学校/伊藤 真愛
  • NRB日本理容美容専門学校/松山 武生
  • 早稲田美容専門学校/寺田 姿月
  • 国際自動車・ビューティ専門学校/佐藤 聖真
  • 中部美容専門学校 岡崎校/水野 朱理
  • ベルフォートアカデミーオブビューティ/甲斐 歩乃佳
  • 大村美容ファッション専門学校/小森 万由実
  • グラムール美容専門学校/鶉野 美咲
  • グラムール美容専門学校/小嶋 彩葉
  • 福岡南美容専門学校/井上 ほのか
  • 福岡南美容専門学校/小田 紗有実
  • 名古屋モード学園/野畑 桃代
  • 名古屋モード学園/榎 菜那
  • 名古屋モード学園/松島 珠里
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/朝倉 菜海
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/佐藤 志保
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/井清 朱理
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/齊藤 優穂
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/深津 音々
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/川原 大空
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/矢部 鈴乃
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/小澤 舞
  • 東京モード学園/長澤 佑南
  • 東京モード学園/武田 美空
  • 専門学校 エビスビューティカレッジ/飯田 菜々子
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/宮里 聖規
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/小谷 莉愛
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/平良 寧々
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/飯田 美弥
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/石川 虎優
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/町田 妃奈胡
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/屋良 陽来
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/喜友名 世奈
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/照屋 美緒乃
  • 大阪モード学園/川口 開世
  • 大阪モード学園/藪内 葵
  • フリーエース美容学校/千葉 宇留

最優秀賞

メイク部門

  • Vita
    KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ
    /比嘉 利緒奈
    彩をテーマにIRODRIを感じる、とてもインパクトのある作品に仕上がっています。Vita、人の人生をうまく相反させて作品に表しているのは、素晴らしいです。メイクのクオリティも、どちらも高く引き込まれる世界観になっています。これからも相反するモノの意識で作品を作って下さい。

優秀賞

メイク部門

  • 日の出
    窪田理容美容専門学校/長谷川 さくら
    正直、この作品を見た時に、「うまい」と思いました。色づかい、背景とのマッチング、小物の使い方、メイクアップの遊び具合、どれを見てもとても上手で、かなり目を引く優れた作品だと思います。特に眉の表現は秀逸で、本当に力強さを感じるダイナミックな形に仕上げていると思います。和のテイストは一歩間違えるとダサくなりがちですが、とても高いレベルで作れていると思います。

入選作品

メイク部門

  • 夏の記憶
    学校法人コーセー学園 コーセー美容専門学校
    /比田井 結芽
    金魚のアートも、繊細なアイシャドウも、とてもキレイですね!コロナ禍で夏祭りは開催できませんでしたが、そんな切なさを眉根を寄せたアイプロウで表現されています。とても素敵な作品だと思うのですが強いて言えば、背景の羽や造花、水引などが統一感なく感じました。もっと夏をイメージさせるアイテムを散りばめた方が良かったのでは。
  • 彩り
    グラムール美容専門学校/冨田 朱里
    1番目に止まる作品でした。また自分らしさのあるコンセプトにピッタリな作品で誰ともかぶらないデザイン力が素晴らしいなと思いました。色使いも統一感があってペイントデザインやアイメイクのデザインがマッチしていてとてもバランスのいい作品だと思います。少し絵具ムラとひび割れが気になったので、さらに細部までこだわって、つきつめるとさらに良い作品になると思いました。
  • Return to Nature
    グラムール美容専門学校/野沢 知花
    とにかく目からのスタートする独特な波紋のような柄がとてもインパクトがあり、かなり目を引きました。柄の入れ方は個性的ですが、とてもバランスが良く、アシメバランスをうまくコントロールしていると思います。色味もあえてごちゃごちゃさせずに展開している点も非常に良いポイントだと思います。白や青のビー玉的な物に撮影者さんが写り込んでしまっている点は少し残念なポイントです。
  • Freedom of expression
    グラムール美容専門学校/河畑 友子
    応募用紙の表紙をめくった時の一番最初から好印象で、全体の煌びやかさとメイクのバランスがすごく好きな作品です。くどくなってしまいそうなピンクやラメを上手な色合いで引き立てているのを感じます。画角いっぱいの迫力がすごく良かった。
  • ドライフラワー
    日本美容専門学校/万願寺 遥香
    とにかくウィッグに見えないところが、とてもすばらしいと思います。前髪の使い方もとても絶妙で、ツヤをうまく抑えながら作品の雰囲気にうまく合わせていると思います。瞳の作り方が非常にうまく、思わず引き込まれそうな印象でとても良いと思います。まさしくドライフラワーというテーマがとても合うと思います。新しい彩の表現を見させて頂きました。
  • 光る霞と鶴
    国際文化理容美容専門学校 国分寺校/三田 梨里
    この作品は、文句のつけどころがありません! 和を表現される方はよくいますが、昔の屏風の絵にあるような雲や、光を線で表現した点など、類稀で非凡な作者の才能を感じます。ディフォルメされた鶴の絵も、とっても上手に描けています。もう一度言いますが、文句なしで上手です!

準入選

  • グラムール美容専門学校/津波 優美佳
  • 窪田理容美容専門学校/大西 琴里
  • 静岡デザイン専門学校/佐野 月美
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/渡慶次 夏鈴
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/真栄城 夢菜
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/新垣 陽世
  • KBC学園 専修学校ビューティーモードカレッジ/藤本 美夕
  • 宮崎サザンビューティ専門学校/池田 樹音
  • 学校法人コーセー学園 コーセー美容専門学校/北河原 莉里
  • 鳥取理容美容専門学校/岩垣 杏奈
  • 鳥取理容美容専門学校/塚川 千乃
  • 国際文化理容美容専門学校 国分寺校/望月 愛梨

審査員総評

  • 津田 恵
    Laf from GARDEN    クリエイティブディレクター

    【337S部門】 
    個性溢れる作品の数々にこちらもワクワクして見させていただきました。特に上位作品は甲乙つけ難く、それぞれ作品へのインスピレーションや想いを見事に形にされていて、素晴らしかったです。私はたくさんの作品が並んだ時、まず目に留まる作品を選ぶのですが、周りに紛れず「らしさ」のあるデザインがたくさんあって本当に悩みました!ヘアデザインも、アレンジやカラーリング、カットデザインもそれぞれ本当に細部までこだわられていて、みなさんのオリジナリティのある発想とポジティブなデザイン力がこれからの美容業界を作るのだと思いました。

    【FH-100EP部門】
    独創的でオリジナリティのある作品ばかりで、とても選ぶのに悩みました。テーマが彩ということもあり、とても華やかで元気の出る作品が多かったように思います。インパクトやデザインが優れているだけでなく、メイクの細部へのこだわりやタッチがすごく繊細なものばかりで、ウィッグ部門とはまた違う見方をさせていただきました。特に上位の作品はそのどちらもが素晴らしかったです!コメントを見ていてヘアメイクに行きたいという方が多かったのですが、ヘアメイクの世界は美容師とはまた違った意味で幅広いデザイン力やオリジナリティを求められると思うのですが、みなさんの将来が楽しみだなと思いました。

  • 小林 加奈
    HEAVENS スタイリスト

    【337S部門】
    今年のテーマは彩(IRODORI)ということで、参加者の皆さんの思い思いの表現に感動させてもらいました。自分の中で膨らんだイメージを実際にウィッグに落とし込んで技術して形にしていくのはすごく難しい事だと思いますが、今年は特にチャレンジを感じる作風が多かったように思います。全体的にヘアカラーの表現のクオリティが高く、学生時代からこんなテクニックを持っていることを羨ましく感じました!なにより作品テーマを読んでいると皆さんの作品に対しての真摯な姿が垣間見えて、嬉しい気持ちになりました!美容師になってもお客様とのコミュニケーションを楽しみつつデザインできる素敵な美容師になってください。

    【FH-100EP部門】
    画角をいっぱいに使ったインパクトのある作品が多く、とても見応えがありました!まっさらなウィッグからイマジネーションを膨らませて作り上げていく作品はまさに創造で、デザインの無限大な力を感じました。皆さんそれぞれ作品にしっかりとしたコンセプトを持っていて、それを軸に上手くまとめる能力が素晴らしかったと思います!今回は特に個々のオリジナリティが感じられて、自分を表現する事が得意な方が多いのかなと感じました。美容の仕事をするにあたってすごく大事な能力だと思います!!

  • 北原 義紀
    SORA 代表取締役

    【337S部門】
    全体的にとてもレベルが高く様々なアプローチで挑んでいた事に好感を持てました。コロナ禍で中々
    行動して情報収集ができない中時代に合った作品が見受けられました。特に感じたのは以前のように
    ファッションやモードの影響よりもアニメーションや空想現実の中からのインスピレーションを受けているクリエーションが強いメッセージ性を持っていました。これからも諦める事なくチャレンジし美容人生に彩イロドリを持って突き進んでください。


    【FH-100EP部門】
    メイクアップをどう捉えるかによって全く表現が違いとても面白かったです。キャンバスの様に自由に描く人もいれば今にも話し始めそうに感じる、リアルなメイクアップもありました。色や線 陰影など
    表現方法は無限にあります。いかにそれをバランスよく似合わせかつ新しいのか、そんな刺激を感じる作品を選ばせて頂きました。非常に楽しかったです。ありがとうございました。

  • 斉藤 弘之
    ZA/ZA サロンマネージャー

    【337S部門】
    様々な個性を感じるみなさんの作品を見させていただきクオリティの高さに驚きました。「彩(IROGORI)」というテーマがあるように今回はヘアカラーを多彩に使用した作品がとても多く感じ、上手にカラーをしている作品がとても目につきました。その中でも一枚の写真としての世界観をしっかりと感じるもの、また細部に渡ってこだわっているものを選ばせて頂きました。どの作品もとてもオリジナリティのある作品です。皆さんがこれからなるそれぞれに道においても自分らしさを大切にしてぜひ頑張っていただけたらと思います。活躍が期待しております。たくさんの素敵な作品をありがとうございました。

    【FH-100EP部門】
    今回も多彩な作品を多く見ることができ、とても感動いたしました。ベースは同じ顔なのに全て違って見えて審査をしていてもとても楽しく感じました。審査をする上でとても大切にしていたことは彩りというテーマに対して「細部までこだわっているか」「オリジナリティを感じるか」という点を重視して見させていただきました。選ばせていただいた作品はクオリティの高さはもちろんの事、しっかりとオリジナリティを感じる素晴らしい作品だと思います。皆さんの熱い想いが込められた作品を見させていただき、これからの皆さんの活躍がとても楽しみになりました。ありがとうございました。

  • 土屋サトル
    MINX 銀座店 取締役

    【337S部門】
    今年も力作が多く集まりました。僕が評価の軸にしているポイントは、「画面から物語を感じる」「作者の想いが伝わる」です。特に今年から背景が自由になったので、より世界観の表現が広がったと感じましたし、さらに次回はもっと驚かせてほしいと思います。また、SDGsやダイバーシティなどをテーマに取り上げている方が多く見られたのも今年の特徴でした。皆さんの感受性の高さと内側から溢れる想いで、美容業界を盛り上げてください!

    【FH-100EP部門】
    今年のメイク部門は特に「リアルさ」にこだわった作品に目が留まりました。実際のモデルさんにメイクしたかのような肌の質感や表現にこだわった作品にはストーリー性を感じますし、想いが込められているように感じます。想い、といえば、応募用紙のコメントもじっくり拝読していますよ。技術力やデザイン力も大切ですが、まずは美容を楽しんで、表現する事を楽しんで。いつか皆さんの想いが世の中に彩りを与え、活気づけてくれる事を期待します。

  • 髙木 治
    株式会社レジーナ 代表取締役

    【337S部門】
    今回のテーマは「彩(IRODORI)」は昨年から続くコロナ禍の影響により世の中全体が暗くなりがちな中で、未来ある美容学生の力で明るい兆しを見出して欲しい、という想いから設けさせて頂きました。全体的な作品の印象として、昨年に続き世の中の流行を取り入れた作品が多く見受けられました。流行を産み出す職業である美容師は、時代の流れをとらえるアンテナが不可欠です。これからもアンテナを常に張り巡らせ、素敵なヘアスタイルを産み出してください。

    【FH-100EP部門】
    今回のメイク部門はかつてない程に華やかな作品が多く見受けられました。作品構図も真新しさがあり、審査員の方々もレベルの高さに驚かれていました。しかし年々アートのような作品も増えてきています。皆さんが今後プロとして現場で求められるのは、実戦で使用できる技術だと思います。人を美しくする事が根本である事を忘れず、多くの人に美しさを提供できるよう、これからも心掛けて下さい。

BACK TO TOP